『東日本大震災支援かつしかネットワーク』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

↑↑↑↑↑↑

【毎日のクリックでご支援いただけます】

アトリエ阿友美へリンク
かつしかネットワークは「アトリエ阿友美」(東松島市)を応援しています。
南相馬ファクトリーへリンク
かつしかネットワークは「南相馬ファクトリー」を応援しております。
福島県オフィシャルサイトへリンク
かつしかネットワークは福島県を応援しています。
宮城県オフィシャルサイトへリンク
かつしかネットワークは宮城県を応援しています。
あなたのクリックで東北を支援

タネ新聞

■ Vol.6(2013.5発行)

 

表(PDFファイル)

 

中(PDFファイル) 

 

■ Vol.7(2013.9発行)

 

表(PDFファイル)

 

中(PDFファイル)

 

■Vol.8(2013.12発行)

 

表(PDFファイル) 

 

中(PDFファイル)

 

■Vol.9(2014.5発行)

 

4P見開き8P(PDFファイル)

 

■Vol.10(2015.9発行)


表(PDFファイル)


中(PDFファイル)

What's New

■2017/11/5

石巻PJT11月~ちょこっとあそぼ@鹿妻南~参加

 

■2017.11

加須市・双葉せんだん広場 秋刀魚祭り

 

 

 

携帯でご覧の場合はコチラから
携帯でご覧の場合はコチラから

河北新報社ニュース

<仙台満店>飲み手と蔵のパイプ役 ()

>> 続きを読む

<NPOの杜>子どもの声に耳を傾けて ()

>> 続きを読む

<まちかどエッセー・村尾沙織>個性の原石 ()

>> 続きを読む

石巻PJT201612

先月は確認ミスで一週間違い参加できなかったが、今回はちゃんと確認し参加した「ちょこっとあそぼ@鹿妻南」(^^;)

 

子どもたちは部活の大会等がありほとんど参加できなかったが、それはそれで「やること」「他の楽しみ」「目標・目的」ができたということで、ある意味「復興」に繋がってきているのだろう。他の参加者も「別の道」や「自立」が出来てくれば、それはとてもイイ方向なのだと思う。最低参加人数10名になるまで続けようと反省会で話し合われた。

だからと言って、それで終わりというワケではなく、会いたくなったらいつでも会いに行ける場所、方々として繋がりを深めていきたいと考え活動しています。

 

また、今まで関わってきた湊地区の子どもたちとも来年、再会企画が進行中です。
当時、低学年だった子たちも、もう高学年や中学生になった。今までは遊び中心の交流だったが、今後は色々とお話をしたり、今後に繋がる交流ができればと考えている。

 

皆さん、我々が来ることを楽しみにしていてくれる(と言ってくれる。)のは、冥利に尽きるもの。我々も伺うこと、お会いできることをとても楽しみにしている。
ただの災害復興支援でなく、心の復興、寄り添い支え合いの活動、そして、息の長い交流が基本スタンスであるので、そうなっていくよう継続した活動としていきたい。

 

協力
保健室のあねさん
石巻・明友館
鹿妻南コミュニティハウス
ゲストハウスみらい
Yurikoと愉快な仲間たち