『東日本大震災支援かつしかネットワーク』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

↑↑↑↑↑↑

【毎日のクリックでご支援いただけます】

アトリエ阿友美へリンク
かつしかネットワークは「アトリエ阿友美」(東松島市)を応援しています。
南相馬ファクトリーへリンク
かつしかネットワークは「南相馬ファクトリー」を応援しております。
福島県オフィシャルサイトへリンク
かつしかネットワークは福島県を応援しています。
宮城県オフィシャルサイトへリンク
かつしかネットワークは宮城県を応援しています。
あなたのクリックで東北を支援

タネ新聞

■ Vol.6(2013.5発行)

 

表(PDFファイル)

 

中(PDFファイル) 

 

■ Vol.7(2013.9発行)

 

表(PDFファイル)

 

中(PDFファイル)

 

■Vol.8(2013.12発行)

 

表(PDFファイル) 

 

中(PDFファイル)

 

■Vol.9(2014.5発行)

 

4P見開き8P(PDFファイル)

 

■Vol.10(2015.9発行)


表(PDFファイル)


中(PDFファイル)

What's New

■2017/8

福岡県朝倉市 古タオル送付

 

■2017/7/2

石巻PJT7月~ちょこっとあそぼ@鹿妻南~参加

 

■2017/5/7

石巻PJT5月~ちょこっとあそぼ@鹿妻南~参加

 

 

携帯でご覧の場合はコチラから
携帯でご覧の場合はコチラから

河北新報社ニュース

熱つあつーの おイモだよ! ()

>> 続きを読む

<思い立ったが入門日 週1紙上塾>ずぼラク流お片付け(3)作業の手順が重要/はやさかひろみ ()

>> 続きを読む

広がれ心のバリアフリー 障害者選手ら仙台の小中学校訪問 交流通し理解深める ()

>> 続きを読む

活動写真展「歩み ~3.11から~」

開催日時:2014年7月1日(火)~7月31日(木)

     月~土:9時~22時

     日  :9時~20時

 

開催会場:葛飾区中央図書館

     東京都葛飾区金町6-2-1 3F

 

問合せ :東日本大震災支援かつしかネットワーク 事務局
     090-6505-8946(ちくば)

 

 

2011 年3 月18 日に設立してから、これまでの活動の様子や、

私たちが見聞きしてきた東北の現状や現地や避難地にお暮しの

皆様の表情を写真より感じていただき、これからの東北、

これからの日本、これからの世界を考えるきっかけとなって

いただければ幸いです。

それぞれに「できることを、できるだけ」の心で、ともに

寄添い合っていくことで、きっとこんな状況も変えていくコトが

できるかもしれません。

For your smile.

 

石巻交流PJT(南三陸町・女川・石巻・東松島)

7月5日(土)(南三陸町⇒女川⇒石巻⇒東松島)

 

今まで会えなかった人を中心に巡り、お会いしてきました。
それぞれの地域で、それぞれの想い、それぞれの経験、それぞれの苦悩、そして、それを乗り越えていこうと紆余曲折ありながらも小さな一歩が踏み出し始めている、という状況であった。
その中で多く聞こえたのが「人との繋がり」「多くの人からのご支援」ということ。
ここのところは、その支援の手、観光がてらでするら人は減ってきている。
観光バスに乗って訪れる人はあっても、何分もその場にいない。
手を合わせ、この地で何が起こり、このコトをどう受け止めるのか・・・と考える暇もないくらいに、足早にその地を後にする。
訪れた巨大な仮設住宅(団地)も当初から、あまりボランティアが入っていないという。自治会も保守的で、積極的にコミュニティー再建に取り組もうとしていないので、地域イベントもあまりおこなわれない。
孤立してしまっている独居高齢者も多くいるらしい。
子どもたちの遊び場もなく、クルマが行き交う駐車場で遊ぶしかないという危険な状況も放置されている。
等々、3年を過ぎた今でも、このような問題は山積している。

だからと言って、暗く落ち込んでいるワケでもなく、落ち込んでいたらどうにかなるワケでもないので、少しずつで前を向いて歩きだそうと必死に日々を送っている。そんな中でも「笑顔」が絶えないのも、「人との繋がりだ」と仰っていたのが印象的であった。

7月6日(日)


石巻市鹿妻南地区・保健室のあねさん「ちょこっとあそぼう」協力も、石巻の子供パワーに圧倒されながらも、毎月おこなわれているというのに、毎回たのしい催しとなっている。
ある(近所の)かたが「もう復興住宅と、家の問題も解決していこうとしているのに、まだこんなことやってるの?」と言ったらしい。
「今は支援と言うカタチではなく、交流って感じだからね」と受付の方が対応したら、その方が帰る時に「来月も来ます!」と言って帰っていったらしい。
そんな感じで、和気あいあい、住民目線の交流会となっている。
発災当初を避難所で共に過ごした深い「絆」や、新に生まれたコミュニティを大切に維持していくきっかけとなるのが、この場である。
また近隣の方々との新たな出会いもあり、コミュニティはどんどんと広く、深くなっていっている。


かつしかネットワークの活動は、中央共同募金・赤い羽根ボラサポ募金助成金をはじめ、多くの皆様の御協力の下、皆様のお気持ちと共に活動しております。

今後ともご支援/ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

7/26 加須・双葉せんだん広場夏まつり2014

福島県双葉町より避難されている「双葉せんだん広場」の皆さんよりご招待いただき夏まつりが開催された。

いつもの如く(?)焼きモノ隊のかつしかチームは灼熱の下、肉や野菜、ソーセージ等を焼きまくる。

双葉の皆さんからもたくさんの笑顔があふれ、自然と会話が盛り上がる。

 

集まったボランティア仲間たちも共に楽しむ。

そんな中でも「これからのこと」をお聞きし、これからのサポート体制や共生のしかたなども話し合われる。

 

2011年よりつながり続けている各ボランティア団体間の横の繋がりも広がり、太くなっていっている。

 

これからもずっと笑顔の花が咲き続けますように・・・。



かつしかネットワークの活動は、中央共同募金・赤い羽根ボラサポ募金助成金をはじめ、多くの皆様の御協力の下、皆様のお気持ちと共に活動しております。

今後ともご支援/ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。